心体氣功・こころメンテナンス

心体氣功・こころメンテナンスは、古い感情や思考の癖を取り除き、心と体の気の流れを整えます。

*

愛と恋愛とパートナーシップ その1

      2016/02/16

人生を変えたいなら、セルフイメージから♪ こころメンテナンス・インストラクターの吉村竜児です^^ 明日はバレンタインデーですね^^ 本日は8時から「恋愛とパートナーシップ」に フォーカスした一斉遠隔ヒーリングも行いますので、 お申し込み頂いている皆さまはお楽しみに していてくださいね♪ というわけで、せっかくなので今回のブログでは、 今日と明日の2回にわたって、 恋愛やパートナーシップに関しての、 ぼくなりの捉え方をお伝えしていこうと思います。 ぼく自身は恋愛の達人とかではないので、 例によって個人的な一意見として捉えて 頂けたら幸いです^^ ぼくは以前けっこうがっつり目なスピリチュアル系の ヒーリング団体でインストラクターをやっていた ことがあって、 その団体のメニューの一つで願望実現というのが ありました。 ぼく自身はそのワークのやり方には いまいちピンとは来ていなかったのですが、 一応インストラクターだったので、 教科書通りに指導もしていましたし、 クライアントさんたちから依頼があったら ワーク自体は教科書通りにやっていました。 あまりピンと来てはいませんでしたが^^; とりあえず、今回の話ではその辺はあまり重要では ありません。 ただ、その頃のクライアントさんたちからの依頼で、 「最高最善のパートナーを引き寄せてください」 というものがけっこうあったので、 「最高最善のパートナー」っていったいどんな パートナーなんだろう?と考えることがけっこう けっこうありました。 なので、その頃の経験からたどり着いた ぼくなりの考えをお話ししてみたいと思います。 まず、非常に興味深かったのは、 「あなたにとって最高最善のパートナーって  どんなパートナーなんですか?」 という質問に対して、 「私のことを無条件に愛してくれる人」 という回答が案外多かったことです。 これは 「私のことを無条件に愛してくれる人」 という条件を出している ということですよね^^; まぁ、別に正解がある質問ではないので、 良いとか悪いとかはないのですが、 求めているものがぼんやりしていたり、 一貫性がなかったりしていたら 手に入れようがありません。 それには、そもそも「条件」とか 「無条件」って何なんだ? という部分が気になるところです。 しかも、その流れで行くと、 そもそも「愛」とか「恋愛」って何なんだ? という部分もはっきりさせておかないと 何の話をしているのかもよくわかりません。 というわけで、まずは「愛」の定義ですが、 これは以前のブログでお話ししている 「つながって一つになろうとするエネルギー」 という定義を採用することにします^^ http://ameblo.jp/ryuji-cet/entry-11986819721.html もし、これが何に対してもつながって一つになろう とする作用を持ったエネルギーだとしたら、 まさにこれが「無条件の愛」と言うことが出来ます。 それに対して、恋愛というものは特定の相手との 間だけでやりとりされるエネルギーの表現なので、 「条件付きの愛」ということになります。 つまり、「無条件の愛」に何かの条件を付け加えると、 何かしらの形を持った愛の表現になるということが 言えます。 どういうことかというと、「無条件の愛」という 形がはっきりしていない「愛のエネルギーの原形」 みたいなものがあって、 それに 「恋人同士の間だけで表現される形」という 条件を付け加えると「恋愛」になったり、 「家族との間だけで表現される形」 という条件を付け加えると「家族愛」 「人類に対してだけ表現される形」という 条件を付け加えると「人類愛」 みたいな感じで、様々な形の愛に変換されていきます。 このように考えると、様々な愛の形には ものすごいバリエーションがありますが、 形を変えているのは条件の方で、「愛」その物は ただエネルギーとしてそこに存在しているだけで、 何も変化はしていません。 この考えを拡張していくと、「友情」も「愛」の 表現の一つです。 「友情」と「恋愛」では、様々な条件には違いが ありますが、それらの表現の原動力となっている エネルギーは同じものです。 もちろん、同じ形の表現を「恐れ」つまり 「分離して遠ざけるエネルギー」を原動力にして 行うこともできるので、そこには 「愛」があるか無いかの違いがあり得ると 言うことは出来ます。 しかし、そこに「愛」があるのなら、 どんな表現でも、無限にある「愛」の表現の バリエーションの一つなのです。 (つづく)

 - 未分類