脳で感情をコントロールする方法!イライラが治らない人へ

感情を思うがままにコントロールすることは非常に難しいことです。

ただ、トップに立つ立場ならば身につけておきたい資質です。

 

感情に左右されて身を崩すというのは珍しくありません。

つい頭に血が上って後悔をすることも人間なら多々あることだと思います。

感情をコントロールするにはコツがあり、歴とした訓練方法もあります。

そんな抑えられない感情をコントロールする秘訣を脳科学から学んでいきましょう。

 

感情はどこから来る?

実は以外と難しい質問はどこから来るかということです。

感情は心から生まれるのでは?と思う人も多いかもしれません。

それも1つの正解ではあります。

 

ただ、体のどの部分が感情というものを産み出しているのか?

これを具体的に答えられる人は少ないかもしれません。

 

ズバリ、正解は脳です。

脳全体でと考えるかもしれませんが、感情のコアになるものとしては、脳にある扁桃体(へんとうたい)と呼ばれる器官です。

扁桃体は他の動物にもあり、恐怖心などを起こして危険察知をするために動物は使います。

つまり、感情というのは曖昧なものかもしれませんが、実は体の一部にあるものから作られるものなんです。

脳に対する理解を深めると自ずと感情をコントロールできるイメージが掴めるでしょう。

 

感情が動くときの脳の動き

感情が動くときは必ずといっていいほど脳に変化が起きています。

よく起こると人はアドレナリンが分泌されるといいますが、それも脳の変化です。

 

仮に怒るという感情が脳でどういうメカニズムで起こるのかを例とします。

 

怒りという感情は生物の闘争本能を刺激するもの

つまり、戦うときにでる感情なので脳が体に戦闘準備をさせるんです。

ノルアドレナリンというホルモンを分泌させ、体を興奮させて温める。

これが怒りという感情を起こすまでの脳の働きです。

 

怒りやすい人や感情のコントロールができない人は総じて脳が出すホルモンのバランスが崩れていることが由来します。

妊婦の方が怒りやすくなるのと同じですね。

感情から体が反応しているのではなく、妊娠という状態がホルモンバランスを乱し、怒りやすくなっています。

 

精神療法というものもありますが、

つまり、感情というのは体から対策することができるということでもあります。

 

脳の他にも神経が感情を乱してしまうこともあります。神経は脳に繋がってますから、それが感情を乱す要因になるということです。

まず、感情をコントロールするためには脳の分泌するホルモンバランスを整えることが重要です。

 

脳が感情をコントロールするためには?

脳や神経を整えること、これが感情のコントロールにつながります。

その具体的な方法についても見ていきましょう。

脳や神経の尖りを抑えるためには以下の方法がおすすめです。

瞑想

瞑想はやっている人も多いですが、実は脳のホルモンバランスを整えるためには非常に効果的です。

瞑想は抽象的なイメージを持たれているので、あまり効果を信じない人もいますが学術的にも証明されています。

 

瞑想はへんとうたいを抑えるため、前頭前野という脳の部位を活性化させます。

つまり、怒りや不安という感情を生み出す脳の機能を抑えてくれる効果があります。

生活態度や食生活の整理

ホルモンバランスや神経は日頃の生活を改めると解決することもあります。

例えば、栄養の偏りや睡眠不足などはホルモンバランスを崩してしまう最たる例です。

日常生活の歪みは小さいものでも蓄積すれば大きくなります。

 

それが重なって感情が高ぶりやすくなるのも現代人の弱点です。

栄養や自己管理に少しだけ力を入れることでも感情はコントロールしやすくなります

以上が感情を司る脳機能と脳から感情をコントロールするための方法についてでした。