運気を科学的に理解するEAVとは?エネルギーの可視化

運気というのは非常に抽象的なものです。

開運グッズを買って運気が上がると言われて、根拠があると考える人のほうがいないかもしれません。

皆さんもパワーストーンのようなものは科学的に証明されているものとは思わないはずです。

 

しかし、運気がよくなるメカニズムが科学的にあるとしたらどうでしょうか?

実は運気というものは数値で管理できるとしたら世界は一変するでしょう。

今回はそんな運気を科学的に理解するEAVというものを解説していきたいと思います。

 

EAVってなに?

EAVもいう言葉を初めて聞いたという人は言葉だけでも覚えて頂きたいです。

EAVというのは自分の中のエネルギーを測定するための機器です。

ドイツでは既に医療目的で導入されているところもあります。

 

なぜ、EAVというものが運気という分野に関わるのか?

それはエネルギーは運気というものに大きく関係するからです。

 

人間というのはエネルギーが最高の状態に保つことで、気の巡りをよくして運気をあげると言われています。

 

パワーストーンに使われている鉱物の多くは、エネルギー、つまりは人間が発する電磁波をコントロールするものです。

特にダイヤが例としては多いです。

現にEAVというのは持つパワーストーンによって出る数値が異なります。

 

故にこれまで抽象的すぎて効果のわからないパワーストーンを数字の根拠で知ることができるという画期的なものです。

自分にピッタリのEAV値がある?

エネルギーというのは数値が高くなればなるほどいいというものではありません。

なので、EAV値を左右するものならどんなダイヤでもいいというわけではありません。

 

ここがまさに相性です。

ダイヤでも持つものや人によってピッタリのものというのがあります。

だからこそ、EAVを測定してからパワーストーンを選ぶのです。

 

実際にアルカダイヤモンドというパワーストーンを扱うお店では、EAV測定器があります。

しかし、ここではあることがわかります。

パワーストーンや開運グッズというのはエネルギーをたくさんあればいいというわけではありませんね。

特にダイヤやグッズを無尽蔵に揃えているのに、状況がよくなった気がしないのは恐らくはEAVを考えていないからだと考えることができます。

ピッタリのダイヤを選ぶためには?

では散々言っているEAVのバランス、ちょうどよい数値というのはどこなのか?

というのを説明していきたいと思います。

 

EAVではエネルギーを「中庸」に保つのが良いとされています。

簡単に言うと、中間、真ん中ということです。

 

EAVは1から100までの数値でエネルギーを測定します。

数字が若いほどエネルギーが落ち着いている状態。数字が大きければ気が荒立っている状態です。

エネルギーは手などから発する電磁波、いわぬる気を基に測定しています。

この中庸というのは、ズバリ「50」です。

エネルギーをEAV50に調整してくれるダイヤを選ぶのがいいということですね。

 

70の人なら20下げてくれるダイヤを。

20の人なら30上げてくれるダイヤを。

このようにEAVを測定してピッタリのダイヤを選び、運気をあげるというのが一連のメカニズムになります。

 

EAVは自分でも調整できるようになる?

ダイヤというパワーストーンを使わなくてもEAVは自分でも最高の状態に保つことができる

これも1つの人体の仕組みです。

 

しかし、多くの人はエネルギーや気というものに理解がない状態です。

なので、どうしてもコントロールしてくれるものが必要というものを使わざるを得ません。

 

しかし、気というのは本来は古来より自分でコントロールするというものです。

武道などでも気を使った技というのが過去にあったという記録があります。

 

数字で理解できるようになるということは、原理がわかるということ。

そして、原理がわかるということは自分でも自在に操ることもできるということ。

EAVの功績はエネルギーや気というスピリチュアルと捉えられているものを可視化したことにあると思います。