新しい時代の到来!?感情を数値化できる技術とは?

感情を図るというのは非常に難しいことです。

自分の感情すら言葉では表せないことがあります。もしてや他人の感情を正確に把握するのは物差しがなければ困難なことでしょう。

しかし、その常識も変わりつつあるというのはご存じでしょうか?

 

実は感情を数値化しようとする研究は各国で進められており、現在、きちんと数値化することができた実例もあります。

感情の数値化、具象化に関する研究について今回は解説していきます。

 

感情測定はAIの領域

感情測定に使われる技術の代表がAIです。

つまり、人工知能が人の感情を判断してくれるということですね。

 

ほとんどのAIは顔を見て感情がどのようなものなのか?

判断をするというものが多いです。

しかし、実際は様々なものから感情を読み取るという研究が進んでいます。

 

  • 脳波
  • 文章
  • 音声
  • 生体情報

など人から直接ではなく、音や字からも感情を図るというのが技術のスゴさを感じさせます。

脳波から感情を図るというのは昔からある研究ですが、作成したものから感情を読み取ろうとするのが今の研究です。

 

感情と聞くと抽象的なイメージがあるかもしれませんが、人間はある法則に従って感情を表すという面があります。

それをAIが学べば感情を判断するということは原則的に可能になるということを指し示してくれた例ですね。

感情をどのように数値化するのかという手段が気になると思います。

アプローチとしてはAIを開発している会社によりけりにはなりますが、最近注目されたAIの機能を紹介したいと思います。

 

感情を数値化できるとどんな世界になる?

では感情の数値化が進み、より詳細に感情の機微がわかるようになったとします。

 

その結果、我々の生活はどう変わるのか?

ある種のビジョンについても触れていきたいと思います。

感情のコントロールが可能になる?

感情というのはとても制御が難しいものです。

なぜなら、それは自分でどんな感情なのかを完全に把握しきれないからですね。

 

ですが、感情を数値化することで感情の詳細を自分で掴むことができます。

○○なシチュエーションのときに自分の感情は△△になる。

これがわかれば自分の感情をコントロールする可能性が生まれます。

利便性の向上

最も貢献する場としては普段の生活ですね。

さきほど、AIが感情を読み取るという研究にあるように人間の行動を先読みしてくれる。

これが利便性の向上につながるわけです。

 

感情を事細かに読み取ることにより、その人が次に何をしたいのか?何をするべきなのか?をAIが判断。

そして、本人の前に準備をしてくれるという構図ができます。

 

例えば、ストレスがたまってお風呂に入りたそうだなと思ったら、先にAIが用意している。

そんな生活が当たり前になるかもしれません。

 

今後、感情の数値化するのが当然になる?

AIを発達した世の中ではすでに感情の数値化が当たり前になると予想されます。

今まで目に見えないものが数値として出るという世界になることで常識が覆されることも・・。

 

ただ、実際に目に見えていないものでも現象として現れている事実があります。

それが科学の発展で可視化できるようになったというのが正しいでしょう。

今後も今まで説明できないものが数値化されることが増えるかもしれません。