運気は科学で解明できるのか?各分野でのアプローチ

運気というのは謎に包まれていました。
根拠というのもわかりにくい。運気はそもそも目に見えないのでオカルト的な立ち位置とされていました。

しかし、運気というものを科学的に理解をしようとする動きは昔からありました。
実はパワーストーンやパワースポットも科学的な根拠を下に効果的と言われているものも一部あります。

では運気は科学的にどのように捉えられているのか?

今回は、様々な運気への科学的研究をご紹介していきたいと思います。

運気を科学的に研究した例

脳科学
エネルギー学
心理学

 

運気の脳科学的なアプローチ

運気というのは特別な力と考えるから、抽象的になってしまう。
しかし、運気も体や心の反応の違いだと思うとわかりやすくなります。
脳科学的な運気の捉え方の1つがあります。

 

それは起こった物事に対して脳がどう処理をするかで運気は変わるということ。
つまり、事象を自分でどう捉えるのかということで自分に運気があるないの判断を勝手にしてしまうということです。

捉え方を変えれば運気は変わるというのも脳科学的な解釈の一つです。
自分の脳をプラスに変える、物事をポジティブに捉えようと努力することが運気につながるという考え方です。

 

パワースポットにいくと自分が変わる気がするというのも脳にそう思い込ませることで、物事をよい方向に考えていくという利にかなってはいる方法です。
自分は運がいい、ツイていると考えると運気は上がるということですね。

 

アルカダイアモンドのEAV

より細かく運気を数値化したものがあります。
それがEAVです。

EAVというのは人間のエネルギーを数値化したもの。
そして、運気というのはエネルギー値と因果関係を持っているという考え方があります。

 

運気が最高になるのは、エネルギー値が釣り合いが取れている状態
上がりすぎても下がりすぎてもダメなちょうど中間です。
アルカダイアモンドというのは、そのEAVをコントロールするためのパワーストーンです。

 

科学的根拠に基づいた前代未聞の開運グッズということで密かに注目されていました。
エネルギー値が運気を変えるとして、エネルギーを測定しコントロールするというのもいかにも科学的なアプローチの方法です。

 

心理学における運気というのは?

アメリカの研究では心理学で運気を解明するといったものがよくあります。
運気はやはり成功の要素として捉えている人も多く、夢見勝ちな国の人は関心が強いのかもしれません。
しかし、心理学においては運気はコントロールすることができるという意見も多いです。

 

心理学も脳科学的の捉え方と少し似ています。
脳科学では思い込みにより脳に幸福感を与えることが運気の上昇につながる。
心理学では性格が運気を変えるという結論が多いです。

 

つまり、多くの成功者で運気があると自覚している人。
非常に楽天的で快活の人が多いそうです。
逆に運気がないと自覚する人はネガティブ思考で人が苦手という人が多いとのこと。
性格で幸福を感じる機会が多いか少ないか
その違いが運気に反映しているというのが心理学の考え方の1つです。

 

大きいミスをいつまでも引きずる人と小さい幸せを感じられる人。
後者の方が運気を纏っているように感じてしまいます。
明るい人の方が人に愛されるから、様々な縁に恵まれる。
それも1つの運気です。
性格を変えるというのは容易なことではありませんが、成功すれば運気を自分でも左右できるということです。

 

運気は科学で変えることができる?

  • 脳科学
  • エネルギー
  • 心理学

様々なもので運気を図っているわけですが、共通点は自分で運気を変えようとしていることです。
つまり、正体不明のものではなく、どの研究でも運気は改善できるということがわかります。
もしも、運気がないとするのであれば、科学的な捉え方をすれば運気を変えることができるかもしれません。